スグ分かる!ビジネス電話マナー

2010年12月07日

マナーその2 最初の名乗りをしっかりと

最初の名乗りで、その後の電話応対が決まります。
また、相手に好印象をもってもらいやすく、話がスムーズに進む場合が多いものです。
明るく、はっきりした声で名乗りをするように心がけましょう。

名乗りには、次のような効果があります。
●会社のアピールになる。
●相手を安心させる。
●自分のペースで話が出来る。

名乗りは、特別に手の込んだことをする必要はなく、
「○○株式会社の△△でございます」
と、はっきりと言えれば大丈夫です。

posted by マナーマン at 17:48| Comment(0) | 電話マナーの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

マナーその1 積極的に電話に出ること

電話がかかってきたら、3コール以内に取るようにしましょう。新入社員のうちは、電話に出ることが怖くて、誰でも電話を取りたくないという心理になります。
しかし、勇気を持って電話を取ることで、会社の大切なお客様の情報を誰よりも数多くキャッチできるのですから、早く業務内容を覚えることができます。

積極的に電話を受けるポイントは、
・すぐに電話に出る。
・遅くても3コール以内に電話に出る。
・3コール以上で受けた場合は、「お待たせいたしました」の言葉を添える。

この3つです。
積極的に電話に出ることが、お客様の印象を良くする、最も身近に出来ることなのです。
posted by マナーマン at 18:02| Comment(0) | 電話マナーの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

電話の応対って大事なんです!

電話応対をしっかり行う会社と、そうでない会社。

電話されてきたお客様にとって大きく印象が異なります。

電話の相手が新人であろうと、ベテランであろうと、それは関係ありません。

電話に出た時点であなたは「会社の代表」なんです!

その意識を持って、電話応対をするようにこころがけましょう。

posted by マナーマン at 18:09| Comment(0) | 電話マナーの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。